Shigeboh's Favorite Musicians

ミュージシャン紹介ページへ

「たかが音楽、されど音楽。」
 1989年の初秋の夜、僕はオヤジから借りたバンを東京大田区の実家から千葉県の内房に向かって走らせていた。諸々の理由で音楽活動に見切りをつけ、その年の4月になんとか潜り込んだ就職先のメーカ…。そこの4畳一間の独身寮から荷物を引き払うためだ。荷物といっても衣類に寝具といった最小限の身の回りのもの、そしてCDラジカセ一つ。ミニバンひとつで十分収まる量だ。
 他人様から遅れること4年で、いわゆる世間の言うまともな就職をしてたった6ヶ月。「ここはオレのいるところじゃない」という確信はあった。けれど次の就職先も決めずに辞表を叩きつけた自分の無鉄砲さに少しばかり自己嫌悪を感じるとともに、漠然とした将来への不安を抱えながらの憂鬱なドライブだ。
 このミニバンはオヤジが仕事の配達専用に使っている車だからカーステレオなどというラグジュアリー装備が一切ない。退屈しのぎにはAMラジオをかけるくらいしか術はない。仕方なくラジオのスイッチを入れ、当時FENと言われていた駐日米軍向け放送にチューニングを合わせた。…突然、曲は知らないのに確かに聞き覚えのある懐かしい声が耳に飛び込んできた。「…Bobby Caldwellだ!!」…早口のDJがしゃべる英語はほとんど理解できなかったけれど、久しぶりにこの秋にNew Albumを出す、ということだけはわかった。78年の大ヒット曲「風のシルエット/What You Won’t Do For Love」で彗星のようにデビューするも、83年の4thアルバム「AUGUST MOON」のリリース後、ミュージックシーンから忽然と姿を消したBobby。学生時代、車に常備するカセットには必ず彼の曲をチョイスしていた僕にとって、彼の復活はたまらなく嬉しかった。そんなはずもないのに「お前も頑張れ。」とBobbyに励まされたような気がしたのだ。
 そんな彼に触発された僕は、別に再び音楽で飯を食うのを目指す訳でもなかったけれど、今の会社に就職が決まるまでの3ヶ月の間に、久々に6曲入りの作品集を作った。久しぶりの創作活動にもかかわらず、不思議なことに自分として今までで一番納得のできる仕上がりだった。
 時は流れて1998年8月26日、一年弱の短い結婚生活の後の、法律上で独身復帰の第一日目。9月1日にリリースする担当製品のための数ヶ月に渡る気が狂いそうなハード・スケジュールもほぼこなし終え、その夜、僕は久しぶりに早い時間の家路についていた。
 元・妻だった彼女は既に1ヶ月以上前に部屋を出て行っている。その日を中心に前後の3日間で、僕が不在の日中に彼女が部屋を訪れ、荷物を運び出す約束になっていた。昨晩もあちこちに荷造りされた彼女の荷物が置いてあった。疲れ切ってはいたけれど正直言ってシラフではそんな悲しい部屋には帰りたくない。どこかに飲みに寄っていこうか…。そう迷いつつも自宅最寄の駅に着いた。
 駅から自宅に向かう途中には、CDショップがある。いつもより早い帰宅だから、まだ店は開いていた。何気なくその店のディスプレイを眺めると、「お待たせしました! Tatsuro Yamashitaの7年ぶりの新作、遂に発売!!」という文字が目に飛び込んできた。「山下達郎!!」…僕が日本で一番敬愛してきたミュージシャン。…ああ、そうだった。忙しさにかまけてすっかり忘れていた。しかし期せずして独身復帰一日目に達郎のNew Alubmに出会えるなんて、何たる偶然!僕にとって最高の最大のプレゼントだ。…彼女と付き合った5年の間、「達郎がアルバムを出してツアーを始めたら必ず連れていくからね。」といつも言っていたので皮肉とも言えるけれど…。
 何はともあれ、Album「COZY」を買って帰宅した僕は、その夜は一晩中、久々の「タツロー・ワールド」に耽溺していた。「ヘロン」の「流れる時に抗い / 命を燃やし続ける / 全ての孤独な人よ / 涙は言霊になる」という歌詞が胸にしみた…。
 その後開始されたツアーも独りで聴きに行った僕は、ある日久しぶりに、かつて入り浸っていた新宿の楽器屋を訪れ、最新のハードディスクレコーダを購入していた。実家に預けたままだった機材も少しずつ自宅に移していった。どんなカタチにしろ、もう一度音楽をやりたい。自分の青春を費やして作ってきた曲をCDとしてreissueしたい。そしてさらに時間はかかるだろうけど、新しい曲を何とか完成させたい。…僕の心の中でまた何かが動き始めていた。
 何かに追いまくられているような日常生活の中で、僕は幾度も音楽のことを忘れ、距離を置いて暮らしてきた。それにもかかわらず、そうした日々の中で押し潰されそうになった時の僕に対し、コイツは実にいいタイミングでそっと僕の傍らに寄ってきて、誰よりも優しく慰めてくれる。
 「たかが音楽、されど音楽。」…どうやら僕はコイツとは一生別離れられそうにない。
 …なんだかキザでやたら長いトビラの言葉になってしまいました。ここではそんな風にshigebohを元気付けてくれる音楽を提供してくれるミュージシャン達にスポットを当てていきます。

ミュージシャン紹介ページへ

Copyright(c) Shigeboh 2000-2004 All rights reserved.

自己紹介ページへ     日本語サイトマップへ     テニスのページへ